バイトの面接「志望動機や長所・短所の伝え方」

バイトの面接対策「志望動機や自己PRの伝え方・上手く伝えるコツ」
バイトの面接対策「志望動機や自己PRの伝え方・上手く伝えるコツ」

学生やフリーター向けのバイト/主婦・シニア向けのパート採用、どのような立場の方でも「履歴書や面接での志望動機」を上手く伝えられるかどうかは、採用について重要なポイントとなります。ただ「働きたい」というだけでなく、求人のどのような部分に魅力を感じてこの職を希望しているのか、という点を明確に伝えられるように心がけるといいでしょう。学生バイトであれば「休み期間の間にお小遣い稼ぎがしたい」、主婦パートなら「子供の教育に手がかからなくなったので仕事がしたい」という理由が一般的です。しかし、それだけだと「この求人・仕事に魅力を感じているとは伝わりにくい」ので一工夫が必要です。伝え方のコツとしては、「社会復帰で自分が役に立てる場所があると思い」や「今までの経験から、私の事務スキルを御社のために活かせる」など、具体的な利点を挙げると好印象になります。
また未経験でバイトを探す場合は特に注意しておきたいのが、「頑張ります」と抽象的になってしまうことです。「先輩方のように対処できる能力を身に着けたい」や「将来的に資格を取りたい」など今後の抱負を含めて伝えることで、意欲が伝わりやすくなります。また初めてバイトをする方は、自分の長所を考えて、できることを表現しましょう。例えば、学生時代に生徒会に入って活動していたり、PTAや自治会のまとめ役であれば、リーダーシップがあるという長所となります。学生時代のイベント計画が得意であればマネージメント経験として伝えられるでしょう。長所・短所として、面接で伝えられるように事前に考えておくことが大切です。

バイトの面接に向けての準備・注意すべきポイント

バイトの面接に向けての準備・注意すべきポイント

まず大切なのは「遅刻しないこと」です。面接会場にはゆとりを持って行きましょう。電車遅延や忘れ物をしたときにも対応ができますし、早めに到着すれば面接前に話す内容の最終確認ができます。遅くても5分前には到着することを心がけるといいでしょう。しかし、到着が早すぎでもマナー違反ですので、約束の時間になったら受付に申し出るようにしてください。入口では上着を脱ぎ、ほこりが社内に落ちないように内側を外側にしてまとめます。携帯電話の電源は切っておくのは最低限のビジネスマナーです。風で髪が乱れているかもしれないので、お手洗い等で身だしなみのチェックをしておく事も大切です。
入室時にはドアをノックして、「どうぞ」と言われたら「失礼いたします」と言って入室します。ドアは静かに閉めましょう。面接官に「どうぞ」と言われてから着席するようにしてください。面接中は背筋を伸ばして手は軽く両ひざに乗せておくのが基本姿勢です。退室時は一礼してから退室をします。面接を出るまでは気を抜かないことが大切です。

面接時によく聞かれる質問 「自己紹介」

面接時によく聞かれる質問 「自己紹介」

面接でまず初めに聞かれる「自己紹介」ですが、採用する企業側は「応募者がどんな人柄、経歴、説明力を持っているか」を見ます。接客業であればコミュニケーション能力の部分をチェックされやすいでしょう。しかし、あまり緊張して堅苦しくなってしまうと職種・業種によってはマイナスになってしまうので、挨拶のようなイメージを持っておくとよいでしょう。最初から硬くなってしまってはせっかくの第一印象がもったいないので、自然体で受け答えをします。自己紹介は名前、バイト歴があればバイト経験を。経験したした仕事内容を伝えて、「本日はよろしくお願いいたします」の結びの言葉で簡潔にまとめます。このとき、場合によっては「バイト経験を交えて自己PRをしてください」とお願いされることもあります。そのときは自己紹介で言う予定の経歴と、自己PRを軽めにしましょう。自己紹介の長さはだいたい1分以内に収めるのが理想です。最初の挨拶のようなものなので、あまり長く話さず、以下のように要点のみを簡潔にまとめましょう。

「○○と申します。本日は面接の機会をいただきありがとうございます。私は○○大学国際社会学部を卒業後、人と人を繋ぐ仕事をしたいと考え、この仕事なら貴重な経験ができると考え応募しました。本日はどうぞよろしくお願いいたします。」

志望動機の伝え方

志望動機の伝え方

バイトの面接時に聞かれる「志望動機」は、重要な段階に入っています。「どうして当社を志望したのですか?」と聞いている面接官は、応募者の適性を見極めています。数多くのバイト求人がある中で、なぜここを選んだのか。求める人物像にはあっているのか、活躍してもらえそうか、意欲はあるかなどを総合的に判断していきます。志望動機を答えるときには、一貫性を持たせることが大切です。なぜそのバイトを選んだのかを伝え、自分のどういった部分が仕事に活かせるか、バイトを始めたら実現したいこと等を伝えられるとよいでしょう。自分のスキルと相手の求めている部分が重なり合ったところを志望理由として書けると、面接官からもよい評価をもらえる可能性が高いです。

よくある質問

パートとアルバイトの違い
明確な定義として違いはありません。ただ、一般的には「違う意味のように使われている」ので理解しておくといいでしょう。フリーターの方がフルタイムで働くことをアルバイト、主婦(夫)の方がフルタイムで働くことをパートと分けて呼ぶ場合があります。
※アルバイトは「若い方が短時間で働く事を指す」場合が多く、パートは主婦(夫)の方を指す場合が多い。
バイトに有給はありますか?
バイトで勤務している人も、一定の条件(8割以上の出社と半年以上の勤務)を満たしていれば有給を取得することができます。詳細は上記で紹介していますが、できるだけ就業規則等を確認するようにしてください。
バイトは社会保険(厚生年金)に入れますか?
下記の条件を満たしていることが条件です。
・週の所定労働時間が20時間以上
・賃金の月額が8.8万円以上(交通費や残業代は含まない)
・学生ではない
・501人以上の企業に勤めている
  • よくある質問 「自己PR」

    よくある質問 「自己PR」

    バイトの面接で聞かれることの多い自己PRでは、採用担当者は応募者の人物像と求めている人物像のすり合わせをします。つまり、自己PRできる話題をたくさん持っていたとしても、応募した企業の求める人物像に合致しない場合は不採用となる場合があります。自己PRでは自分のアピールポイントを伝えますが、「応募先の人物像に有益となる人材か」という点は事前に考えておく必要があります。そしてアピールポイントを面接官に響かせたい場合は、具体的なエピソードを述べるのが有力です。ポイントは主観や感情ではなく客観的な数字や評価を持ち出せると良いでしょう。自分がどう頑張った結果、客観的にどんな成果が出たのかをまとめましょう。未経験でのバイト初チャレンジの場合であれば実績はありませんので、学校で活動していた事(生徒会や部活、各種委員会等の学校行事等で取り組んだことを伝えてもいいでしょう)

  • よくある質問「長所・短所はなんですか」

    よくある質問「長所・短所はなんですか」

    バイトの面接時に「あなたの長所と短所を教えてください」と聞かれることがあります。このとき、面接担当者は応募者が「自分の強みと課題を、客観的に考えて答えられるか」を確認して判断するようにしています。きちんと答えられるか、ただの自己PRになっていないか?という点をよく考えて伝えるといいでしょう。長所と短所がしっかりと伝えられる人・客観的に自分を見ることができている人に対しては、自分で考えて行動できる人と見られることが多い為、印象が良くなります。長所が応募先の求める人物像に近いとミスマッチが起こりにくく、採用担当者としても安心します。長所も短所も「私の長所(短所)は○○です」から伝えるのがいいでしょう。なぜなら~だからという理由は後でつけるのがポイントです。そしてエピソードを交えると主観ではなく客観的であることが伝わるので、信頼性が増します。1つは具体的なエピソードを用意しておくことをオススメします。短所を伝えるコツは、「言い換えることで強みにもなる内容」だと好印象です。「ひとつのことに集中して周りが見えなくなる」は「集中力が人一倍高い」ことの現れです。また、上手い言い回しが思いつかない場合は、「自分への課題として意識している」事を伝えるだけでも、「短所はありません」「思いつきません」と言うより良いでしょう。

  • バイト・パート探しのお役立ち情報

  • アルバイト・パート求人を探すならクリエイトバイト

    アルバイト・パート求人を探すならクリエイトバイト

    クリエイトバイトでは、「こだわりで探す」機能であなたの希望にぴったりの求人情報を見つけることが可能です。「平日のみ」「土・日・祝のみ」「週1日からOK」「オープニングスタッフ」「大学生歓迎・高校生歓迎」「服装・髪型自由」など、面接前にお店の働き方条件や雰囲気がわかるのでおすすめです。勤務地とこだわりの組み合わせで働きやすい求人を見つけましょう。

    【豊富なおすすめ機能であなたのお仕事探しをサポート】
    >>クリエイトバイトで求人を探す