保育補助(無資格)のアルバイト・パート求人

無資格でも保育の仕事はできますか?

無資格でも保育の仕事はできますか?

子どもを見守るのに人手はあればあるほど助かります。ですから保育所では、保育士の資格がなくてもできる保育補助の仕事はあります。無資格でもできるのは、保育補助という仕事です。パート・バイトの求人数も多く見つかります。働く場所は保育園だけでなく、託児所や学童保育のような場合もあります。
仕事内容は名前のとおり、保育士の補助です。食事の後片付け、子どもたちが昼寝するための布団の用意、保育士が事務仕事をしている間に子どもたちと遊ぶといったことです。もっと積極的に子どもと関わりたいと思ったら、保育士の資格を目指してもよいでしょう。政府による保育士確保プランの施策の一つとして、試験勉強に関わる費用の助成金をもらえることもあります。自分が助成金の補助に該当するか、調べてみるとよいでしょう。

保育補助(無資格)の求人一覧へ

 保育補助(無資格)のオススメ新着求人

無資格でもできる保育補助の基礎知識

無資格でもできる保育補助の基礎知識
保育補助は、子どもの保育をすることが主な仕事です。保育とは、乳幼児を適切な環境のもとで健康に安全にケアし、心身が健全に発達するように補助すること言います。乳幼児とは、0歳から小学校に入学する前までの子どものこと指します。
保育補助の仕事内容としては、子どもたちに遊びを提供すること、けがをしないように見守ること、食事やおやつの世話、季節の行事の準備、保護者との連絡などです。 働く場所としては保育所、認定こども園・託児所や学童保育の場合もあるでしょう。近年は、子どもを預けて働きたいという親が増えています。働きたいけれども子どもを預ける場所がないという、待機児童の問題も起きています。そのため企業では、自社の社員のために社内で保育所・託児所を設置しているところもあります。このような場所でも保育士や保育補助を行うパート・バイトの方が必要とされています。
保育士として資格を取得すると業務の幅が広がり、児童厚生施設でも働くことが可能になります。(児童館や児童養護施設など)保育士は現在も、将来的にも、需要のある職業なので、ステップアップとして資格取得に向けて取り組むのもいいでしょう。

保育補助(無資格)として働くことのやりがいとは

保育補助(無資格)として働くことのやりがいとは
保育の仕事のやりがいはなんといっても、子どもの成長を見られることでしょう。無資格でもできる保育補助の仕事はパート・バイト求人も掲載数が多く、探しやすい傾向があります。
接する子どもたちは、新しいことをどんどん吸収していく年齢です。よちよち歩きだった子どもがまっすぐ走れるようになった、ちょっと難しい言葉を覚えていく。大人になったら忘れてしまった新鮮な感覚に毎日出会えるでしょう。元気にかけまわる姿や、泣いている姿すらかわいらしく見えます。
兄弟姉妹のいる家庭ならば、あの先生がいるからこの保育所に預けたい、という選択をすることもあるでしょう。人の役に立っている、頼られている、という実感を得られます。

子供と関わる仕事

子供と関わる仕事
「子供が好き」という気持ちを仕事にしたいのであれば、以下のような職種があります。
「保育士」「幼稚園の先生」「学童のスタッフ」「作業療法士」「ベビーシッター」「テーマパークのスタッフ」、「チャイルドマインダー」「ピアノ等の習い事の先生」「塾講師」など様々な仕事があります。
「子供と関わる仕事」の代表例としては、やはり「保育士」や「保育補助」「ベビーシッター」でしょう。その中でも無資格で子供に接する仕事なのは「保育補助」です。

よくある質問

保育補助は若くないとできませんか?
保育の仕事は年齢を重ねていてもできる仕事です。若くて体力があるからできる仕事のしかたもありますが、経験を積んでベテラン保育士としての知識を生かした働き方もできます。経験は時間をかけて働いてきたからこそ得られるものなので、若い方だけでなく、ミドル世代・シニア世代の主婦層で活躍する方もいます。
・注目のキーワードで仕事を探す
>>保育補助(無資格)×ブランクOK保育補助(無資格)×扶養内
  • 保育補助(無資格)のメリット・デメリット

    保育補助(無資格)のメリット・デメリット

    <メリット>
    ・一番のメリットは「資格が無くても働ける」ということです。
    ・シフト制の事が多いので、時間の融通が利くことが多いでしょう。
    ・週2日~OK等、保育園によっては少ない日数で働ける場合があります。

    パートやアルバイトの場合、「子どもが保育園・幼稚園に行っている間だけ働きたい」という方に向いています。時間の都合が合わせやすいのが最大のメリットでしょう。

    <デメリット>
    ・正社員と比べて、手当や賞与が少ない(対象にならない場合が多い)
    ・時間給のため、給与が安定しない傾向があります。
    ・無資格ではできることに制限があるため、保育園の子どもと関わる時間が少なく感じる場合があります。

    デメリットは給与面です。長期休暇がある時期などは給与が少なくなりやすいので、収入が安定しにくいのがデメリットでしょう。
    また、保育士のサポートが主な業務になるので、保育園によっては雑用が多い場合もあります。

  • 無資格で大丈夫?保育補助の仕事内容とは

    無資格で大丈夫?保育補助の仕事内容とは

    保育士の補助を行う業務なので、資格がなくても働くことができます。
    保育補助の仕事は、保育所や小規模保育園において0歳児~就学前の子どもを対象に、保育士の行う業務の補助を行います。
    食事やトイレの手助け・補助だけでなく、お昼寝・お散歩の場面で見守る仕事もあるでしょう。また、保育士の手が回らないおもちゃの片付けや消毒なども行う場合があります。

  • 保育士や子育て支援員へのステップアップ(子育て支援員とは?)

    保育士や子育て支援員へのステップアップ(子育て支援員とは?)

    資格を取得することで仕事の幅が広がるので、保育士や子育て支援員の資格を取得するのもいいでしょう。
    子育て支援員は保育士を目指すことが難しい方に向けた資格で、「大学に通う余裕がない」「試験を受ける時間がない」という方向けです。「子供に関わる仕事、携わる仕事がしたい」という方は、この「子育て支援員」を目標にするのもオススメです。

    この制度は無資格の保育補助に携わる方向けにできたもので、資格取得で小規模保育や学童クラブ、企業にある保育園・託児所などで働くことができるようになります。

    >>子育て支援員の求人を探す

保育補助(無資格) × 勤務地で絞り込む

保育補助(無資格) × 条件で絞り込む

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件